H29 木工研修の様子3(あり組加工、材料搬入板材製材)|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

H29 木工研修の様子3(あり組加工、材料搬入板材製材)

いよいよ、材料の組み立て加工に入ります。
その前には、工具の基本である、各工具の刃先の研磨実習があります。

今回も当間講師を招聘し、カンナの基礎から、カンナ刃の研磨、鑿の刃の研磨等、懇切丁寧に
指導いただきました。
昨年同様、豆カンナの作成もおこないました。
それらの実習を通じて、ノミの研ぎのマスター、ノミ加工のテクニック等、いろいろ習得しました。

その指導の下、実際の組木である、あり組の実習に入っています。

DSC_2013 (800x450) (640x360).jpg
 ↑ あり組の指導状況
DSC_1995 (800x450) (640x360).jpg
 ↑ あり組の ノコ加工(荒加工)
DSC_1997 (800x450) (640x360).jpg

 ↑ あり組の ノミ加工 (仕上げ加工)
DSC_1998 (800x450) (640x360).jpg
 ↑ 仕上げ加工

 次に、学外研修時に、北部森林組合から購入した 材料の搬入があり、今後作成予定のスツール製品の
ための板材の製材加工を実施し、シーズニングを行いました。

DSC_2002 (800x450) (640x360).jpg
 ↑ 購入した材料の、乾燥室への一時保管作業、購入材料の分配を行いました。
DSC_2007 (800x450) (640x360).jpg
 ↑ 購入材は板厚50mmのため スツール用として、帯鋸盤を利用して、裁断加工を行いました。
DSC_2014 (800x450) (640x360).jpg
 ↑ 裁断した板材を、重ね合わせ、シーズニング (エージング)を行い、乾燥室に保管しいます。

 近々、スツール加工に入る予定です。

2017年06月30日10:45 AM

カレンダー