H29 木工研修の様子4(道具箱の制作)|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

H29 木工研修の様子4(道具箱の制作)

 木工研修の様子を、ご紹介します。
 
 今回は、木工研修時、および 研修終了後も活用するであろう工具類(カンナ、ノミ、曲尺 スケール等)の収納箱を、
工作演習の一環として、昨年に引き続き、制作しました。
 各年度ごとに、改良を加えており、今年度は、下段部に、引き出し収納箱も付加しております。
 制作過程の中で、工具の扱い方、組み立て時の精度だしの仕方、接着剤の活用方法、ビス穴の目隠し、角度切等
いろいろ、習得した技術も増えたのではないかと思われます。

DSC_2106 (640x360).jpg

  ↑ 今回 追加した 引き出し収納部の脚の固定
DSC_2107 (640x360).jpg
 ↑ 脚部の 仮止め 状況

DSC_2108 (640x360).jpg
 ↑ 道具箱の ふた部分の調整

DSC_2114 (640x360).jpg
 ↑ 箱の中への受皿と 箱の仮止め状況

DSC_2118 (640x360).jpg
 ↑ 完成品; 下段が今回 追加した 部分です。
   ふた部分は、カンナ掛けもできるようにストッパーも兼ねています。

DSC_2117 (640x360).jpg
 ↑ 上部には、ご覧のように、ノミ類の収納小箱、その下には ノコ他、 引き出しには、砥石等 etc.
    使い方は、各研修生に任せています。
   精度良い作品制作には、まず 整理整頓ですね!
   今後の、活躍に期待したいところです。


2017年07月07日03:04 PM

カレンダー