福木の染色|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

福木の染色


昨年10月に採取した福木を使用して染色している織物研修生もいます。

真綿を染めて布に織り込んでいく予定です。
多色ですが、すべて福木を使い、媒染剤を変えたものです。
上のオレンジ色の真綿から時計回りで、チタン媒染・鉄媒染・銅媒染・アルミ媒染・無媒染で染色したものになっています。
DSC03378.JPG

また、他の研修生は福木を使用して平絹を染めていました。
左は銅媒染で染色、右は銅媒染で染色後にインド藍の生葉染めをしたものです。
DSC03321.JPG

こんなにも綺麗な色を秘めているなんて、自然の力に感無量です。
植物染料は、正確に同じ色を出すことは難しいですが、その分おもしろさがあります。
作品になったときに、より魅力を感じられると思います。



2016年01月28日03:24 PM