木工研修の様子(1;工具の取り扱い等)|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

木工研修の様子(1;工具の取り扱い等)

 平成28年度の木工研修の様子を紹介していきます。
4月6日、開校式からスタートし、
今年度は、早めの挽物講習を設定したので、前年より早く、木工機械や木工電動工具の
取り扱いを実施しました。
 昨年から、引き続き木工担当講師は、比嘉講師が対応することになりました。よろしくお願いします。
先生は、木工機械の取り扱いに関しても、指導免許を持ち、今年度は外部に委ねず取り扱い講習を実施しました。↓

DSC_0049.jpg
















 今年度の木工研修生は、4名となりました。最初に電動工具の取り扱いについて、実際に駆動しながら安全面からの指導をしました。
DSC_0053.jpg
















挽物研修のための材料加工を電動丸鋸を利用して加工しました。↑
DSC_0060.jpg
















引き続き、挽物講習のために、切削工具(バイト)の研削用砥石の切断加工も行いました。↑
また、工具取り扱いの研修で、ノコ刃の取り替え方法に関しても実地指導しました。
ボルト締めは、回転方向と逆方向になることの注意を添えて行いました。↓

DSC_0067.jpg

事前に和バイトの製作準備で、柄の旋盤加工、も実施しました。↓

DSC_0070.jpg

DSC_0072.jpg
 上の写真は、和バイトの固定挿入穴を加工しているところです。↑
 また、加工材の帯ノコ加工も行いました。↓
DSC_0068.jpg

 今年度は、昨年より研修カリキュラムがスピードアップしていると感じています。 
次回は、挽物加工の前段階である、工具の鍛造加工状況について、ご紹介いたします。

2016年05月17日04:17 PM