紅型研修の様子|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

紅型研修の様子

今回は紅型の研修風景を紹介します。
今年の研修生は6名。皆さん毎日真剣に研修に励んでいます。
道具作りから始まり、現在はタペストリーを制作中です。
DSC04967.JPG
デザインを考え、型紙を作っているところです。
型彫りを間違うと大きく響くので、すごく集中して作業をしています。
見ているだけでも息を呑んでしまうような空気感です。

DSC04979.JPG
次に型紙に網目状のシートを張り付ける、紗張りという作業を終え、糊おきに入ります。
写真は、新聞紙の上で糊おきの練習をしている所です。
型紙の上からヘラで糊を伸ばしていくのですが、糊の量や、ヘラの使い方が難しそうです。

布の上でも上手くいきますように!



2016年06月02日02:29 PM