織物研修の様子|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

織物研修の様子

織物研修では、経緯絣の課題が進んでおります。
経絣の染色が終わり、絣解きをしました。絣の括りが甘かった場合に隙間から色が入ってしまっていないか、また絣の際にしっかり色が入っているか心配でしたが、皆さんきれいに染色出来ていました。

写真は地糸と絣糸を順番よく組み替えているところです。
順番と本数を間違わないように、神経を使う作業です。
DSC05282.JPG

そのあと、仮筬をして経巻に入ります。
このときに、絣の柄あわせをします。細かな作業ですが、ここで丁寧に絣を合わせることで仕上がりに大きく影響します。
DSC05283.JPG


経巻きされた糸を機に持って行き、綜絖通し・筬通し・織り付けと進んで行きます。
DSC05289.JPG  DSC05287.JPG  DSC05288.JPG
一歩一歩着実に進んでいますが、これから緯絣の括りや緯糸染色が待っているので、織りに入るまでにはもうしばらく掛かりそうです。

2016年09月16日11:35 AM