漆芸研修の様子 1|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

漆芸研修の様子 1

今年度の研修がスタートしてもう3ヶ月がすぎました。
漆芸研修の様子をブログの方にアップしていきますね。

今年度の研修生は4名でのスタートです。

研修がスタートするにあたり初めに漆の知識や刃物の取り扱いを習いました。



↑これからの研修での工程の確認、刃物についての説明





↑ 課題の文箱、お椀、手板の木地調整




↑ 生漆が肌に付着するとカブレてしまうので手袋や腕カバーなどで保護する
  生漆は乳白色の色をしていますが空気に触れると反応して茶褐色になる




↑ 木地に漆を刷り込み木地固めをしていく




↑ 次の工程で使う刻苧(こくそ)ヘラを小刀などで手作りする





↑ 小刀の扱いに最初は苦戦していました。


2017年07月04日11:29 AM

カレンダー