漆芸研修の様子4|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

漆芸研修の様子4

漆芸研修3の続きです。




↑手板にヘラで下地付け

蒔地と違いヘラで下地を塗るのも最初は苦戦します。
均一に塗れなかったり、ヘラの線がついたりして研修生の皆さんも苦戦していました。


↑手板を集塵機の付いた作業台で空研ぎ作業 (漆に弱い人だと研いだ研ぎ粉でもかぶれてしまうので注意が必要です)

↑お椀などの丸物は研ぎろくろで回転させながら研いでいきます。

↑3辺地まで終わりサビ漆で角を作っていく。
ここまで進むともうすぐ中塗りに入っていきます。

早い人では下地工程も終盤になっていますので次回ご紹介する時は中塗り工程を紹介したいと思います。

2017年08月16日03:46 PM

カレンダー