漆芸研修~螺鈿講習1~|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

漆芸研修~螺鈿講習1~


今回は、先日行われた螺鈿講習についてご紹介したいと思います。

螺鈿講習で講師をしていただいたのは、大見謝 恒雄先生です。


大見謝先生の作品を見せて頂いたり、螺鈿工程や道具について説明していただきました。

今回使用した貝は、貝シートとアワビと夜光貝の薄貝を使用しました。

貝を打ち抜くために加工された釘などの道具

貝を切るにはデザインカッターや木綿針などを使って切り抜きます。
丸や三角、星型などをいっぱい作るには釘の頭などを加工して打ち抜きの道具を手作りします。
小さい物を一つづつ切り抜くのは大変です。



打ち抜きの道具、カンナの刃、針などの扱い方を習う。

研修生に考えてきてもらった図案を転写し貝を切っていきます。

図案に切った貝を糊で図案に貼り付ける。


図案に貼り終えると次は器物に貼り付けていきます。


漆芸研修~螺鈿講習2~へ続きます。



2017年10月31日04:15 PM

カレンダー