漆芸研修~螺鈿講習2~|センター便り|沖縄県工芸振興センター

沖縄県工芸振興センター

OkinawaWind

漆芸研修~螺鈿講習2~

漆芸研修~螺鈿講習1~の続きを紹介します。

図案に貝を貼り終えたらいよいよ器物に貝を貼り付けます。
貝に漆を塗り接着するのですが、貼り付けるタイミングが重要で早すぎても漆が乾かず接着せず、遅すぎても漆が乾いてしまい接着しません。
乾きかけたタイミングで接着します。


貝に漆を塗っていく。

漆を塗った貝は湿らした布や新聞紙などをいれ湿度を上げた箱などで硬化を早くします。

漆が指に引っ付いてくるくらいになったら貼り付けます。

貼り付けたら木べらやローラーなどを使い密着させます。

重しなどを乗せ密着させ漆室にいれて硬化させます。

後日、大見謝先生に確認していただきました。

湿らせてゆっくりと図案を取り除く

周りに付いた紙などをキレイに掃除をする

掃除をして周りにゴミ止めの漆を指ですり込む
螺鈿講習ではここまで教えていただきました。

後は何回か漆を塗り重ねて完成です。


出来上がった物は完成した後にでも後日またご紹介したいと思います。


2017年10月31日04:34 PM

カレンダー